ネットショップならShopify(ショッピファイ)がおすすめ。BASE・STORES比べてみた!

 

shopify-STORES-BASE

 

Shopify(ショップファイ)は、全世界175カ国、100万店舗以上のストアで利用されている世界シェアNo.1のECプラットフォームです。2017年には日本法人が設立され、国内での利用も増えています。

 

世界No.1のECプラットフォームということもあり、Shopifyはデザイン性も高くシンプルで高機能。しかし、日本では後発のサービスにあたり、ECサイトの構築において選択肢に入らないことも。

 

そこでここ数年で急速にユーザー数を増やしているECプラットフォームであるBASE(ベース)、STORES(ストアズ)と機能を比較し、ECサイト構築にあたるShopifyについて説明したいと思います。

 

目次

◯ Shopify と Base / STORESの一番の違い

 

◯ Shopifyについて 

・Shopify特徴① アプリ豊富で拡張性が高い

・Shopify特徴② 越境ECに強い

・Shopify特徴③ 多くの決済手段

 

◯ BASEについて 

・BASE 特徴① 国内向けのネットショップを始めるのに十分な決済機能

BASE 特徴② テンプレートの多さ

BASE 特徴③ BASE Appによるサポート

 

◯ STORESについて

・STORES 特徴① ZOZOTOWNとの連携

・STORES 特徴② ECサイトに必要な機能が充実

・STORES 特徴③ 倉庫配送サービス

 

◯ 結論どれがおすすめ? 

 

 

 

 

 

Shopify と BASA / STORES.jp の一番の違い

Shopify(ショッピファイ)とBASE(ベース) / STORES(ストアズ)の一番の大きな違いは、無料プランがあるかどうかです。

 

BASEとSTORESには、無料のプランが存在します

BASEであれば、サイト作成から商品登録・販売、ブログ作成からメルマガまで無料で利用できます

また、STORESにも無料プランがあり、比較的幅広い機能を無料で使うことができます。

 

一方で、Shopifyは月額29ドル (約3,000円)からで、無料プランは存在しません

ただその代わりに、サイト制作や決済方法、SEO対策など、ECサイトで必要な豊富なサポートがついています

 

BASE / STORESでShopifyと同様の豊富なサポートを受けようとすると、追加料金がかかったり、月額プランに移行したりする必要がでてきます。

 

つまり、BASE / STORESは無料で使える分、ECサイト運営における機能が限定的になることが多いです。一方で、Shopifyは月額プランではあるものの、多機能でありECサイト運営において、BASE / STORESよりもできることが多いと言えるでしょう。

 

では続いて、Shopify、BASE、STORES、それぞれのECプラットフォームについてより詳細に解説していきます!

 

 

 

Shopifyについて

 

shopify-logo

引用先

まずは、Shopify(ショッピファイ)から。

Shopify社は2004年にカナダで創業された世界シェアNo.1のECプラットフォームです。

世界175カ国100万以上のネットショップがShopifyで運営されており、2020年の新型コロナウイルスによるオンライン化の移行から、ネットショップ数は右肩上がり。

 

このShopifyには3つの料金プランがあり、月額29ドルのベーシックコース、月額79ドルのスタンダードコース、月額299ドルのプレミアムコースに分かれます。

 

これらのプランの違いは、手数料やスタッフアカウント数であり、事業の規模や売り上げによって、最適なプランを選ぶことができます。ただ、3つのプランでサイトデザインや商品登録といった、基本的な機能の差はありません。

 

各プランの詳細が知りたい方や、自分にあったプランを検討したいと考えている方は

下記の記事で詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください。

▶︎Shopifyの5つのプランを徹底比較!おすすめなプランを紹介!

 

 

 

 

Shopify特徴① アプリ豊富で拡張性が高い

Shopifyにはアプリ(拡張機能)があり、ECサイトに様々な機能を追加することができます。イメージとしては、iPhoneでApple Storeからアプリを所得し、自分のiPhoneをカスタマイズしていく様なイメージ。

 

アプリには無料と有料のものがありますが、アプリ(拡張機能)数は4,100以上あり、カスタマイズ性の高さが売りでしょう。

 

アプリを利用すれば、SNSとshopifyを連携することやチャットボットの実装、予約販売なども可能になります。

他にも【集客UP・購入率UP・LTVUP・顧客満足度UP・越境EC対応】にはアプリ追加が重要になります!

 

下記の記事でオススメのアプリをご紹介していますので、是非ご覧ください。

▶︎【永久保存版】定番おすすめ!本当に使えるshopifyアプリ12選

 

 

Shopify特徴② 越境ECに強い

また、Shopifyの特徴として越境ECに対応している点が挙げられます。Shopifyで構築された数多くのECサイトが越境ECにチャレンジをし、成功しています。

 

Shopifyは海外で誕生したサービスであり、全世界175カ国にて使われているので、様々な言語や通貨に対応しています。そのため、BASEやSTORESなど他社のECプラットフォームと比較してスムーズに海外向けのストアをオープンすることが可能です。

 

下記の記事でshopifyが越境ECに強い理由を詳しくご紹介していますので、shopifyで海外向け販売をご検討の方は是非ご覧ください。

▶︎【越境EC】Shopifyが海外販売に強い6つの理由

 

 

Shopify特徴③ 多くの決済手段

Shopifyには「Shopifyペイメント」という決済サービスが存在し、これを用いることで、BASE やSTORESにはない、Amazon PayやApple Payなどさまざまな決済手段を使うことができます。

 

 

 

 

BASEについて

 

BASE-logo

引用先

 

続いて、BASE(ベース)について。

BASEは2012年にスタートしたECサービスです。「3つの項目を埋めるだけですぐにショップを開設できるネットショップ作成サービス」という誰でも簡単にネットショップが作成できるサービス

 

導入が簡単な決済機能、複数のデザインテーマ、トランザクション解析ツールなどネットショップの運営に必要な機能が備わっています。

 

冒頭でも説明した様に、BASEのサービス利用料は無料です。月額や年間費用はかかりません。BASEはサービス利用料がかからない代わりに、商品が売れた時と売上金入金時に手数料がかかります

 

 

BASE-引用先

 

 

BASE 特徴① 国内向けのネットショップを始めるのに十分な決済機能

 

BASEの決済方法としては、「BASEかんたん決済」を利用します。クレジットカード、コンビニ決済、Paypalなど、国内向けのECサイトを始めるなら、十分な決済手段が利用できます。

 

 

 

BASE 特徴② テンプレートの多さ

また、BASEの特徴として、テンプレートの充実さが挙げられます。すでにECサイトに特化したテンプレートデザインが用意されているので、その中から好きなテンプレートを選んでECサイトをカスタマイズすることができます。

 

無料テンプレートは10種類ですが、有料テンプレート(5,000円~)は100種類以上と、非常に多くのデザインテンプレートが存在します。

 

 

 

BASE 特徴③ BASE Appによるサポート機能

BASEでは、「BASE Apps」という様々な拡張機能があります。(Shopifyのアプリと同じ様な認識です。)

 

このBASE Appsは、以下の2種類の拡張機能に分かれます

「Official Apps」

「Connect Apps」

 

初めの「Official Apps」がBASE独自で開発した拡張機能。後者の「Connect Apps」はBASE以外の、様々なサービスを展開される企業と提携した拡張機能。

 

これらの二つを合わせ、現在70個以上のAppsがあり、ほとんどを無料で活用することができます。

 

 

 

 

STORESについて

 

05a1e8b

 

引用先

最後にSTORES(ストアズ)について。

BASE同様にSTORE.jp2012年にサービスを開始。「自分でつくれる本格的なネットショップ」というBASE同様に簡単さを強みにしているサービスです。

 

このSTORESには、無料プランと月額1,980円の有料プランが存在します。

 

無料プランと有料プランの主な差として、以下の様な機能面での差があります。

 

・独自ドメイン

・代引き、Amazon Pay決済設定

・決算手段カスタマイズ

・アクセス分析機能

・STORESロゴ非表示

・送り状CSV出力

 

また、無料プランと有料プランでは決済手数料の差も存在し、無料プランであれば5%、有料プランであれば、3.6%の決済手数料が引かれます。

 

 

STORES 特徴① ZOZOTOWNとの連携

STORESは、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の親会社である、スタートトゥデイと簡易株式交換により子会社となりました。

 

それにより、2014年には、ZOZOMARKET(ゾゾマーケット)がオープンしました。ZOZOMARKETとは、スタートトゥデイとSTORE.jpを運営しているスタートトゥデイの子会社ブランケットとの初の共同事業となり、個人、法人、規模を問わず商品を出品できます。

 

ZOZOMARKETで人気が高まれば、ZOZOTOWNでの出品ができる様になり、ECサイトとしての可能性が広がります。STORESでECサイトを開発しているユーザーなら、ZOZOMARKETで商品を露出・販売ができます。

 

 

STORES 特徴② ECサイトに必要な機能が充実

 

月額1,980円の有料プランにはなりますが、インターネットストアに必須な機能が充実しています。

 

アクセス解析機能やレビュー機能などECサイトの運営に必要な機能多いです。

 

 

 

STORES 特徴③ 倉庫配送サービス

STORESの特徴として、倉庫サービスが挙げられます。倉庫サービスは一言で説明すると、面倒な商品の保管・梱包・発送業務を代行してくれるサービスです。

 

スクリーンショット 2020-09-24 13.07.37引用先

 

利用には初期費用や月額料金がかかるわけではなく、「この期間だけ使う」「部屋を片付ける時だけ預かってもらう」など、自分の都合に合わせて、使うことができるのでとても便利です。

 

 

 

結論、どれがおすすめ?

 

absolutvision-82TpEld0_e4-unsplash

ここまで、Shopify、BASE、STORESの3つのEC制作プラットフォームについて比較してきましたが、どれが良いのでしょうか?

 

それぞれ、メリット・デメリットが存在するので、結論、どの様なネットショップを作っていきたいのかによってどのプラットフォームがおすすめかは異なります。

 

ですが、初心者でも本格的にやりたいというのであれば、Shopifyがおすすめと言えそうです。

なぜなら、できることが他の2サービスと比べて圧倒的に多いからです。

 

自分がどの様なネットショップを運営していくかの方向性により、サービスの選び方は変わってきますが、Shopifyはぜひ選択肢に入れたいサービスでしょう。

 

shopifyについて「どのようなことが出来るのか?」「どれくらいの金額感なのか?」などより詳細な情報が知りたい方は、shopify公式開発パートナーであるANVIEにお問い合わせください!

 

 

この記事をシェアする

関連記事 Related Article

新着記事 New Article