Shopifyの制作費用の相場は?ショッピファイでのECサイト構築まとめ

Shopifyの制作費用の相場は?ショッピファイでのECサイト構築まとめ

 

ECサイト構築において、世界的なサービスであるShopify(ショッピファイ)。

日本国内においてもこのShopifyの人気は非常に高まってきています。

 

「ShopifyにてECサイトを構築したいと思っている」

「今、ECサイトを作るならShopifyがおすすめだと聞いた」

「Shopifyを使ってのECサイト構築について知りたい」

 

本記事はその様な方のための記事です。

目次

1.  ShopifyでECサイトを構築する方法

 1-1. 自分・自社で構築 

 1-2. フリーランスや個人事業主に依頼 

 1-3.  制作会社に依頼 

 

2.  Shopifyを活用したECサイト構築の相場

 2-1. 基本機能を備えたECサイト: 約50万円 ~ 100万円

 2-2. ブランドECサイト: 約100万円 ~ 300万円

 2-3. フルオリジナルECサイト: 約300万円 ~ 1,000万円

 

3. shopifyの制作事例

 3-1 . KANAGU STORE

 3-2.  Runtrip Store

 3-3.  レッドブル

 3-4.  サンリオ

 

4.  まとめ

 

ShopifyでECサイトを構築する方法

 

shopify引用先

説明してきた様にShopifyとは、ECサイト構築のASPカートシステムです。全世界175カ国、100万店舗以上にストアで利用されている世界シェアNo.1のECプラットフォームです。

 

この世界的なShopifyの伸びによって、日本でもShopifyでECサイト構築を行う事例が増えてきています。

では具体的に、Shopifyを用いてどの様にECサイトを構築することができるのでしょうか?ShopifyによるECサイト構築として、主に3種類の方法が挙げられます。

 

自分・自社で構築

WEB制作のスキルや知見が社内にある / 社内にその様な人がいる場合には、自分、自社でECサイトを構築することができます。この方法であれば、費用を抑えることができますが、結局上手くいかない、担当者のリソースが取られるなどのデメリットがあります。

 

フリーランスや個人事業主に依頼

フリーランスや個人事業主に依頼する方法もあります。この方法であれば比較的費用を抑え、ShopifyにてECサイトの構築を行うことができます。

 

ただ、スキル面でのあたり・ハズレが多いのも事実。実績やスキルをしっかりと確認した上で依頼することが大切です。

 

 制作会社に依頼

そして、最後に最も一般的な方法であるWEB制作会社への依頼が挙げられます。WEB制作会社の中にはShopifyによるECサイト構築支援に特化している会社もあり、この様な経験豊富な制作会社に依頼するのがおすすめと言えるでしょう。

 

社内での構築やフリーランスへの依頼と比較し、費用が高くなりますが、企画力や制作力が安定している場合が多いので、安心して依頼をすることができます。

 

Shopifyを活用したECサイト構築の相場

 

Shopifyを活用したECサイト構築の相場

実際にShopifyを用いて、オリジナルで質の高いECサイトを作ろうとした場合、制作会社などに外注をすることがほとんどです。その場合の相場はどのくらいになるのでしょうか?

 

基本機能を備えたECサイト: 約50万円 ~ 100万円

 

基本的なECサイトの機能が利用できるといった、ベーシックなShopifyサイト制作の場合、50万円〜100万円程度になることが多いです。

あくまで参考にですが、この相場の場合下記の様な基本的な作業は含まれていることが多いです。

 

・アカウント所得

・ドメイン設定

・公式shopifyテーマを用いたサイトのデザイン

・商品登録

・決済設定

・送料設定

・Shopifyストア公開までの導入支援

 

▼こんな方におすすめ

・取り急ぎECサイトを立ち上げたい方

・基本的なECサイトの機能のみ必要な方

・初期コストを抑えたい方

 

ブランドECサイト: 約100万円 ~ 300万円

 

デザインカスタマイズや、追加機能、shopifyアプリ利用/アプリ開発する場合、または

既存のサイトをShopifyに移行したい場合などは、100万円 ~ 300万円程度になることが多いです。

300万円近い相場になると、アプリの開発などが含まれる場合もあります。

 

▼こんな方におすすめ

・ECサイトのブランディングを設計したい方

・データドリブンなマーケティングを行いたいと考えている方

・デザインにこだわりたい方

 

フルオリジナルECサイト: 約300万円 ~ 1,000万円

 

大規模サイト構築の場合の相場は300万円 ~ 1,000万円程度になります。

Shopifyは拡張性が非常に高いため、より充実したサイトを目指して外注すると、カスタマイズの程度によっては、数100万円 ~ 1000万円規模の構築になることもあるでしょう。

ERPや会計システムとの連携が絡む場合の相場は、1,000万円以上になる場合もあります。

 

▼こんな方におすすめ

・大規模なECサイトを構築したいと考えている方

・基幹システムとAPI連携したい方

・独自の機能を実装したいと考えている方

 

Shopifyで制作されたネットショッピング

 

では最後に、Shopifyでどの様なECサイトを構築できるのかイメージを持っていただくために、実際にShopifyで構築されたおしゃれなECサイトについて紹介します。

 

TOGA

TOGA

最初にご紹介するのはアパレル販売を行っている「TOGA(トーガ)」のECサイトです。

日本を代表するファッションハイブランドも、shopifyを利用しています。

shopifyだからこそ、洋服のデザインがわかりやすいような商品詳細デザインが実現できています。

twitter・Instagram・FacebookなどのSNSと連携もしっかりできています。

 

Runtrip Store

 

Runtrip Store

 

続いてご紹介するのは、アパレルや雑貨を販売するECサイト「Runtrip Store」。

Runtrip Storeは「ランニング」や「旅」にぴったりなアイテムをセレクトし、紹介するECサイトです。

カジュアルなTシャツ、パンツ、シューズ、ポーチなどが販売されています。

商品ページでは、商品にカーソルを合わせると商品の拡大ができたりするので、商品のイメージがつきやすいECサイトに仕上がっています。

 

レッドブル

 

redbull

 

続いてご紹介するのは、海外の事例です。

世界的に有名なエナジードリンクである「Red Bull Shop」のECサイトも、Shopifyを利用しています

購入すると大胆な商品レコメンドが表示される機能により、お客さんの客単価を増加させます。

この様に、Shopifyは会社の規模に関わらず、世界中の多くの企業で導入されており、日本でも利用者が増加傾向と言えるでしょう。

 

 

サンリオ

 

サンリオ

 

日本発祥の代表的なキャラクターサンリオのイギリスとアメリカのECサイトはshopifyで作られています。

自由度の高いshopifyだから実現した、サンリオの世界観。

SNSはtwitter・Instagram・pinterest・youtube・Facebook・tiktokと連携しており、SNSマーケティングに力を入れているのが分かります。また支払い方法はshopoay、PayPal、クレジットカードなどに対応することで購入率を上げています。

 

Shopifyで実際に作られた4つのECサイトについて紹介してきました。

この4つのECサイトを見てわかる様に、Shopifyであれば販売する商材や会社の規模に関わらず、様々なデザインのECサイトを構築することができます。

 

合わせて読みたい

▶︎【成功事例】国内外のshopifyで作られたECサイトまとめ

 

 

まとめ

 

お問い合わせ

 

今回の記事では、Shopifyを用いたECサイトの構築について紹介してきました。

基本的にShopifyを使ったECサイトの構築だと、一般的にはWEB制作会社に依頼をすることが多いです。

また、Shopifyはできることの幅が非常に広いため、相場に関しても数十万円から一千万円を超える様な場合もあり、振れ幅が非常に大きいです。

 

そのため、ShopifyでのECサイト構築に関して、少しでも興味や疑問を持っている方は、WEB制作会社に一度問い合わせてみたり、見積もりをもらうことがオススメです。

 

shopify*anvie

 

ANVIEはshopify専門の制作会社であり、公式開発パートナーです。

Shopifyの公式開発パートナーとは、Shopifyに関する豊富な経験を持ち、かつ厳しい審査を受けた会社のみに与えられます。

是非一度、ご相談くださいませ!

 

お問い合わせはこちら

 

この記事をシェアする

関連記事 Related Article

新着記事 New Article