背景画像

Culture カルチャー

Mission ミッション

背景画像

Update Regacy レガシーを塗り替える

先人が作り上げた実績も進歩がなければ、時代遅れのものとなる。
インターネットの普及、グローバル化、テクノロジーの進化など
様々な変化により、時代遅れになりかけているものもある。
ただ、私たちは現代において時代遅れとなってしまったものでも、過去の否定はしない。
過去を認め、肯定し、いいところは残す。
時代遅れになっている部分はテクノロジーと情熱をツールに塗り替える。
塗り替えたCreativeで未来のスタンダードを創り出す。そんな挑戦を続けて行きたい。

Core value コアバリュー

ロゴ

SEVEN SOULS

未来のスタンダードを創ること、変化を求め続けること、先人を超えていくこと。
どれも簡単なことではない。
しかし、個人のスキルや想い、情熱が同じ方を向いた大きな矢印となった時には、
それが実現可能になる。
我々は7つのスタンスを通して、レガシーを塗り替えていく

  • #01 人で成長、チームで成功

    会社は個人の集合だ。個人の成長無くして会社の成長はありえない。
    だが、誰か1人の力では大きな成功は掴めない。
    日々の成長は個人で追い求め、未来の成功はチームで追い求めることが重要だ。

  • #02 長に飢えろ、挑戦を味わえ

    成長とは、1日で成されるものではない。毎日の積み重ねが重要だ。成長に対する飽くなき探究心が人間を成長させる。
    さらに、人は成長することによって見えなかった世界が見える。挑戦したいことが増える。
    日々の成長と新しいことへの挑戦は成功への第一歩だ

  • #03 げずにやりきる

    できることから逃げる人はいない。逃げたくなる状況は自分ができないことに挑戦しているからだ。
    成長期には痛みを伴うものだ。その状況から逃げずに耐えたものだけが次の機会を得られる。

  • #04 責無くして成長はない

    環境や他の人のせいにして何かをやらないことは簡単だ。
    あなたができることに目を向ければ、あなたは成長する。
    あえて難しい道を選ぼう。

  • #05 Speed for Result

    結果を出すための最速の道を選ぶ。ただやみくもに速いだけでは意味がない。スピードを大事にする会社は多いが、我々は結果を出すためのスピードを大事にする。
    時間をかけるべきところはしっかりとかけ、時間をかけなくてもいいところは最速で終わらせる。
    結果を残すための時間の使い方を大事にする。

  • #06 部にこだわれ、感動を与えろ

    会社は個人の集合だ。個人の成長無くして会社の成長はありえない。
    だが、誰か1人の力では大きな成功は掴めない。
    日々の成長は個人で追い求め、未来の成功はチームで追い求めることが重要だ。

  • #07 ての失敗は成功への伏線、回収しろ

    会社は個人の集合だ。個人の成長無くして会社の成長はありえない。
    だが、誰か1人の力では大きな成功は掴めない。
    日々の成長は個人で追い求め、未来の成功はチームで追い求めることが重要だ。

Contact お問い合わせ

資料ダウンロード

弊社のサービスに関する資料をご用意しています。
ご希望の方はこちらからダウンロードしてください。

Comming Soon ...

お問い合わせ

サービスに関するお問い合わせ、
協業に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせはこちら